うしとら旅巡り

旅と「うしおととら」が好き。

旅巡り③函館市内①

うしとら旅②の続きです。

訪問予定地とは別に、運転手さんのおすすめで函館山にも立ち寄りました。
夜景で有名なあの場所です。

f:id:matatabibakari:20190421202647j:plain

f:id:matatabibakari:20190421202656j:plain

函館湾内の水深はさほど深くないので、コンクリート工場などは敷地から長い堤防を伸ばしてそこから直接船に乗せるそうです。面白いですね。

そして。
意外と便利なカメラのズーム。

赤い屋根と礼拝堂を備えている建物は、カトリック元町教会(左奥)。
桜が咲いた庭園に囲まれている建物は、函館ハリストス正教会(手前)。
一風変わった茶色の屋根は、函館聖ヨハネ教会(右手)。
ちなみに。近くにある黒屋根の寺院は東本願寺函館別院です。

この地区が、対吸血鬼戦の舞台となった教会の大元かもしれません。

f:id:matatabibakari:20190421202902j:plain

うしおととら第十五章「汝、歪んだ夜よりきたる」。
個人的には、「カトリック元町教会」の外観が一番似ている気がします。
塔の出窓の張り出し方や、門の上のマリア像。
内部は写真撮影不可ですが、大聖堂内の祭壇はローマ法王から贈られたもので、キリストの生涯をモチーフとしているそうです。
(開館時間が10:00~16:00のため、今回は断念しました)

チャチャ登りと呼ばれる坂道の途中に建っています。
火事の多い地区であり、現在の建物は大正時代のものだそうです。

f:id:matatabibakari:20190421202927j:plain

尖塔は十字架ではなく、風見鶏が付いていますね。
これはこれで綺麗なのですが…。
ちょっとだけ雰囲気を求めてみました。

f:id:matatabibakari:20190421202952j:plain

f:id:matatabibakari:20190421203009j:plain

f:id:matatabibakari:20190421203018j:plain

f:id:matatabibakari:20190421203025j:plain

すぐ近くにある函館ハリストス正教会ロシア正教の教会です。

f:id:matatabibakari:20190421203052j:plain

こちらも大正時代に再建された建物で、囲むように庭があり、花木が植えてありました。

1859年、函館は長崎、横浜とともに対外国貿易の拠点として開港されました。
長崎の出島とは異なり、外国人居住地が市街地に混在したため、異国情緒ある街並みを残しています。
吸血鬼が渡ってきたのは江戸時代以降なのですね。

近くにある八幡坂は唯一海まで見通せる坂道です。

f:id:matatabibakari:20190421203116j:plain

この先に見える船が、青函連絡船記念館摩周丸になります。
こちらは後ほど向かいます。
まずは吸血鬼繋がりで、外国人墓地に行きます。
運転手の方から、「思っているのとは多分違います」と幾度か念を押されました。
たぶん「外国人墓地」を見たい人にとっては求めるものと違うのでしょうね。
自分の場合求めるものは「作中に出てきた舞台」なのでその辺りは気にしません。

f:id:matatabibakari:20190421203133j:plain

 

海に面したこの場所を墓地として選んだのは、せめて故郷に通じる道を見せてあげたかったのかもしれません。

外国風の墓石はありますが、数はさほど多くありませんし、日本人のお墓も混在しています。
本当の意味での「墓地」ですね。

とらは「なんで人間は、自分が死んだあとも自分の証拠をこの世に残したがるんだ?」と独り言を言っていましたが、作中に出てくる吸血鬼も、母親の肖像画を持っていましたね。
残された者が支えとして、死者が傍にいた証を残すのでしょうか。

こちらは鏢さんが立ち寄っていた、中華山荘の入り口です。
中国籍の方の墓地になります。

f:id:matatabibakari:20190421203244j:plain
作中の門柱の形を見ると、こちらから出入りしていたのかもしれません。

f:id:matatabibakari:20190421203317j:plain

斜面に建てられているので、こちら側から出入りすれば、下から仰ぎ見る形で外国人墓地が見えそうです。

f:id:matatabibakari:20190421203350j:plain
おいもを売っている店舗はありませんでしたが、外国人墓地の先には喫茶店があるそうです。

橘医院まではさすがに探せませんでしたので、次の場所に行ってみたいと思います。

旅巡り④へ続きます。

おいしいもの(お土産編)

*自分用の覚書です。

その時の気分にもよりますが、おいしいなぁと思ったものを。

 

・聖樹(北海道産菩提樹)・せん(北海道産針桐)・恵山(長野県産アカシア)

Beehive(ビーハイブ)-山の中のはちみつ屋さん-

…季節ごとに花を追って、静岡・長野・北海道の各地で養蜂をされているそうです。

非加熱抗生剤不使用。自然のままのおいしい蜂蜜。

花の咲き具合によっては珍しい蜂蜜が出ることも。

逆に花があまり咲かない年や蜜の香りが弱い年は、百花蜜(ミツバチによる天然ブレンド。いろいろな花の蜜を集めるため、味はその都度異なります)が増えるとか。

白湯で割って飲むのが好き。|ω`*)

 

・豚ベーコン

ゴトウくんせい【公式】保存料不使用スモークドチキン(燻製)~北海道剣淵町

…うしとら旅の途中、JR旭川駅売店で出会いました。

養鶏業を営みながら燻製を手がけるお店です。

保存料発色剤不使用。燻えきではなくチップを使った本物の燻製です。

主力はチキンですが、豚ベーコンもおすすめです。

脂身とお肉のバランスがあるので、できればお店で見比べて好みのものを見つけたいところ。

スライスしてそのまま食べるのが好き。|ω`*)

 

わかさいも

わかさいも本舗 – おいしさは北海道 – 洞爺湖から

…うしとら旅の途中、洞爺湖で出会いました。

北海道土産の定番で、新千歳空港やJR札幌駅をはじめ各地の売店で扱われています。

北海道に行った時は必ずこれを買って帰ります。|ω`*)

 

・ジオたまご

洞爺湖有珠山ジオパーク|北海道洞爺湖の観光情報、特産品サイト|とうやこチャンネル

…うしとら旅の途中、洞爺湖で出会いました。

固ゆでの温泉卵で、白身はつるりとなめらかで黄身はしっとりとしています。

毎朝温泉でゆであげて、消費期限は2、3日。

洞爺湖バスターミナル内にある観光案内所や遊覧船内などで販売されています。

おいしいですよ!|ω`*)

 

波照間島産もちきび

島土産 / 沖縄ふるさと百選認定 波照間もちきび100% 500g 波照間もちきび うれしい農

…うしとら旅&島旅の途中、波照間島で出会いました。

島からの船代+のお値段になりますが、新石垣島空港内の島土産という店舗でも販売しています。

とぎ終えたお米の中に適当な量を追加して、石垣島の塩を混ぜて炊くだけ。

カレーのご飯にしても、塩おにぎりにしてもおいしいです。

気持ち水を多めに入れて柔らかめに炊いたものが好き。|ω`*)

 

・元祖チャンプルの素

チャンプルの素 27g瓶入 ガーデンパナ オンラインショップ

…うしとら旅&島旅の途中、石垣島で出会いました。

島のハーブ+塩。塩味は薄めなので、香料として使っています。

キャベツ+ニンジン+豚肉+(ゴーヤ)を先に炒めて溶き卵+砂糖醤油。

ふやかして絞って刻んだお麩(車麩)を適当に加えてフーチャンプル。

野菜炒めに混ぜるだけでなんちゃってチャンプルのできあがり。|ω`*)

 

*適宜追加していきます。

 

 

 

 

 

旅巡り②津軽海峡フェリー

旅巡り①の続きです。
(2日目)
日付を越えてお宿を出発。
再び津軽海峡フェリーターミナルに向かいます。

チェックインの締切が乗船40分前なので、しばしこちらで待機です。
北海道、青森各所のパンフレットが置いてあります。

f:id:matatabibakari:20190416154648j:plain

誘導されてフェリーの船尾へ。
以前、青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸でお邪魔した、車両甲板に似ています。

f:id:matatabibakari:20190416154720j:plain

f:id:matatabibakari:20190416154738j:plain

f:id:matatabibakari:20190416154751j:plain

「なあなあなあ!こりゃフネだよな、しかも下にゃクルマいっぱいだぜ。重いよな、沈むよな、それからよ」

車がないのでこの先には行けませんが、トラックならば71台、乗用車ならば230台が入るそうです。
全長は約144m。
…横に倒したさっぽろテレビ塔(約147m)!!

f:id:matatabibakari:20190416154927j:plain

フェリーに乗るのは初体験。深夜ということも相まってテンションが上がってまいりました。
人も少ない時間帯なので、ここぞとばかりに写真を撮ります。

f:id:matatabibakari:20190416155004j:plain
公式HP。

ブルーマーメイド|津軽海峡フェリー株式会社

レセプション。
横に売店がついています。

f:id:matatabibakari:20190416155125j:plain

エントランス。
おおまかな現在地と操舵室からの景色を見ることができます。

f:id:matatabibakari:20190416155159j:plain

*外部デッキは閉鎖中なのでパスします。

f:id:matatabibakari:20190416155236j:plain

「うしおくん、アイス食べいこ!」

f:id:matatabibakari:20190416155306j:plain

作中では自動販売機で購入していましたが、ないので売店の写真でも。

f:id:matatabibakari:20190416155333j:plain

アイス以外ならば色々あります。レンジや湯切り用の流しまで。

f:id:matatabibakari:20190416155447j:plain

f:id:matatabibakari:20190416155436j:plain

f:id:matatabibakari:20190416155501j:plain
アイスを食べていた場所はおそらくここですが…指定券がないと入れない模様。

f:id:matatabibakari:20190416155533j:plain

f:id:matatabibakari:20190416155546j:plain

日中はブラインドが開いているので、外の景色を眺めることができます。
(夜間は航行の妨げとなるため、全ての窓が閉まっています)

ちなみにスタンダードはこんな感じです。通路の左右に分かれていて、ドアや仕切りはありません。

f:id:matatabibakari:20190416155624j:plain

f:id:matatabibakari:20190416155713j:plain

f:id:matatabibakari:20190416155642j:plain

青森⇔函館の移動時間は3時間40分ですが、深夜のひとり旅ということでスイートを選択しました。
料金は期間A料金+船室貸切(1人利用なので)-WEB割引で6920円。
施錠できる個室で、TV、室内着、タオル、ベッド、洗面台、ユニットバス、トイレ付。
まるでホテルの一室です。

f:id:matatabibakari:20190416155746j:plain

船という限られた空間ですが、不思議と狭さを感じません。

f:id:matatabibakari:20190416155815j:plain

f:id:matatabibakari:20190416155841j:plain

f:id:matatabibakari:20190416155852j:plain

北海道新幹線も開通しましたが、車やバイクで旅をする方にとってフェリーは必要不可欠ですね。
ぐるりと回ってしばし仮眠。
アナウンスで飛び起きると、そこは函館港でした。

f:id:matatabibakari:20190416155927j:plain

f:id:matatabibakari:20190416155948j:plain

f:id:matatabibakari:20190416160114j:plain

f:id:matatabibakari:20190416160127j:plain
函館フェリーターミナルから函館市街まで車で20分。
市街も少し回りたいので、時間料金制の観光タクシーを利用します。

旅巡り③へ続きます。

旅巡り①青森再訪

2018年5月某日。ぽんと休みができました。
移動距離が長いので、まずはネットで下調べ。
BGMを選ぶのならば、「誰かがおまえを狙っている」と「Dear My Best Friend」というところ。

|ω`)一昨年の旅の続きです。


(1日目)

東北新幹線を利用して、東京駅から新青森駅へ。
青森市街再訪です。

昼間の写真を撮るために、津軽海峡フェリーターミナルに向かいます。

f:id:matatabibakari:20190413230010j:plain

うしおととら第十四章「鎮魂海峡」冒頭の青森港フェリーターミナルです。

f:id:matatabibakari:20190413230028j:plain

f:id:matatabibakari:20190413230051j:plain

作中で「びるが」となっていた船は、過去に就航していた「びるご(VIRGO)」のことです。
これと入れ替わるようにして就航したのが「ブルーマーメイド」になります。
写真はちょうど出航したブルードルフィン2です。
親指は立てていませんが、トレードマークはやはりイルカのようです。

f:id:matatabibakari:20190413230112j:plain

出航を見送って、ひとまずアスパムに移動します。

ライトアップ前の写真を撮ってなかったので同じ場所ですが再挑戦。
夕暮れ時もまた綺麗ですね。白い外壁に空の色が映っています。

f:id:matatabibakari:20190413230142j:plain

f:id:matatabibakari:20190413230202j:plain

展望台の窓ガラス。円形になっている場所が南北で、傾斜がある場所が東西です。
(西)

f:id:matatabibakari:20190413230232j:plain

(東)

f:id:matatabibakari:20190413230300j:plain

(南)

f:id:matatabibakari:20190413230402j:plain

(北)

f:id:matatabibakari:20190413230523j:plain
潮君たちが車で向かってきた大通り。(なまはげ視点です)

f:id:matatabibakari:20190413230609j:plain

突っ込んだ先の正面玄関。
作中では遮光式土偶と恐竜の模型がありました。

f:id:matatabibakari:20190413230647j:plain

エスカレーターの先にある、潮君が駆け昇った階段です。

f:id:matatabibakari:20190413230743j:plain

f:id:matatabibakari:20190413230759j:plain

外壁にいるなまはげを追って、潮君が飛び出した東窓。

f:id:matatabibakari:20190413230838j:plain

負傷して退避したエレベーター。

f:id:matatabibakari:20190413230913j:plain

バイクに乗って再度突撃。
香上さんと片山さんが根性を見せた西窓。

(西)

f:id:matatabibakari:20190413230424j:plain

アスパム外観。
(西側)

f:id:matatabibakari:20190413230958j:plain

夜間や人が多い時はなかなか写真が撮れないので、再訪して正解でした。

食事処で郷土料理定食(+うに)を頂いて…。

f:id:matatabibakari:20190413231026j:plain

そして美味しいアスパム土産。|ω`*)

f:id:matatabibakari:20190413231124j:plain

しばしお宿で仮眠して、夜中に再び出発します。

旅巡り②へ続きます。

北海道⑧時計台

北海道⑦の続きです。

(3日目)
お宿のモーニングサービスで新聞を頼むことができたので。北海道新聞を頂きました。
さて、帰宅前にもう一度。
雪の後の時計台です。

f:id:matatabibakari:20190412224410j:plain

軒先につららが下がっています。
雪女・朝霧が呼び出した「垂氷」と「銀竹」は、つららの別称。

f:id:matatabibakari:20190412224421j:plain

内覧です。

雰囲気は木造の学校。

f:id:matatabibakari:20190412224514j:plain

振り向いてみた玄関です。

f:id:matatabibakari:20190412224541j:plain

入って左横は資料室。
時計台の図面も保管されていました。

f:id:matatabibakari:20190412224617j:plain

正面の展示室です。

f:id:matatabibakari:20190412224643j:plain

朝霧が大雪山に去った後、一度建物を解体して修復工事が行われたようです。
農学校時代の模型もあります。

f:id:matatabibakari:20190412224712j:plain

ヤスさんが駆け上がった階段ですね。
車椅子用のエレベーターもあります。

f:id:matatabibakari:20190412224745j:plain

2Fは講堂みたいです。

f:id:matatabibakari:20190412224759j:plain
時計台の機関部についてのパネル展示もありました。

f:id:matatabibakari:20190412224846j:plain

実物と同型の振り子時計。
人の背丈ほどの大きさです。
夏の間、雪女の母娘は機関部の天井に氷となって潜んでいました。

f:id:matatabibakari:20190412224916j:plain

昔話では、「人には話さない」という約束を破った人間の男の元から雪女が去っていきますが、うしおととらのお話の中では「正体を現した」雪女の元から、人間の男が去っていきます。
異種婚姻譚のタブーを犯してしまったのは、朝霧の方だったのですね。
人間と妖怪は相容れないとしながらも、「でも…それでも恋しい男と…一緒になりたいものなあ…」と呟いた朝霧の心境は切ないですね。
2年で別れることが決まっていた紫暮さんと須磨子さんも同じ気持ちだったのかもしれません。

札幌駅から新千歳空港へ。
新千歳空港から羽田空港へ。
長いようで短い3日間。

此度の旅はこれにて終了。

北海道⑦再び札幌

北海道⑥の続きです。

洞爺湖温泉バスターミナルで待機中。ジオタマゴを買いました。

源泉で作ったゆで卵。
白身はほんのり甘くてまろやかな食味。黄味周囲にも苦味がありません。
普通に茹でたタマゴより、白身がぷるっぷるの美肌です。
写真を撮る前にごちそうさまです。

さて、もう一つのお土産です。レストハウスで買ったわかさいも
(写真は帰宅後のものです)
わかさいも本舗の洞爺湖銘菓。さつまいもが採れない北海道で焼き芋の風味を出そうと試行錯誤されたお菓子です。大福豆の白餡と筋に見立てた昆布をベースに醤油風味で仕上げてあります。
バラで買った分を電車の中でいただきます。こちらもおいしい。|ω`)

f:id:matatabibakari:20190412223725j:plain

あっという間に2時間が過ぎて、札幌駅に戻ってきました。
雪!これはチャンスです。

f:id:matatabibakari:20190412223743j:plain

雪が降る時計台を見てみたい。
それが今回の旅でした。

垂さんが見えるようです。

f:id:matatabibakari:20190412223812j:plain

f:id:matatabibakari:20190412223840j:plain

f:id:matatabibakari:20190412223920j:plain

f:id:matatabibakari:20190412223946j:plain

f:id:matatabibakari:20190412224002j:plain

あっという間に雪まみれ。
写真を一枚撮っている間にウエストポーチも真っ白に。

f:id:matatabibakari:20190412224030j:plain

滞在時間は時計を見るに15分程度であったようです。
満足しながら帰路につき、お風呂に入って温まりました。

f:id:matatabibakari:20190412224058j:plain

北海道⑧へ続きます。